EDにはバリフがおすすめです

EDの治療薬として最もメジャーであるものはバイアグラであると言えますが、最近ではバリフというED治療薬が広まってきました。
これは、ED治療薬として知られているレビトラのジェネリック医薬品であり、インドの製薬会社にて発売されているものになります。
日本での入手経路については薬局や病院での処方ではなく個人輸入が主な入手経路とされています。
ED治療薬の問題点としていることは薬のコストにあると言えるのですが、バリフはレビトラのジェネリック医薬品であることから主成分や効用については、ほぼ同等であると同時に実に1/4程のコストにて入手することが可能なので、非常に経済的にED治療に取り組むことができます。

特にED治療は行為を行う前に飲むことが多いため、効果を実感することは出来ても完治を実感するには非常に長い期間を必要とする場合が多いため、服用にかかるコストも長い期間見なければいけないためトータルコストを見ると高いと思うことがよくあります。
その為、ED治療に取り組みたいとは思っていてもトータルコストに尻込みをしていざ実行に移すことができないという事が多く見受けられますが、バリフであればその心配はかなり軽減されると言えます。

そして、服用してから早い人で15~30分程で効果が現れることもあり、即効性についてはバイアグラよりも高いとされています。
もちろん持続時間についても長期時間が期待できます。
この即効性が高いということは、それだけ行為の直前に服用したとしても効果を期待できるということなので服用のタイミングを自分で調節することができるということです。
そして、レビトラと同様であることから飲食に強いという作用があり、アルコールにも影響を受けにくいとされています。
なので、空腹を意識して服用することもなく食事の後に服用して性行為を行うという時も気にする必要がありません。
これにより、性行為のみを対象とした出会いだけではなく、デートや食事を織り交ぜて性行為を視野に入れた時も効果を期待することが出来るので雰囲気作りなども気にすることができます。

また、主成分が非常に高いことから1錠20mgのうちで、半分や1/4錠ほどで効果が現れる方も多くいるので、服用する人によって調整がききやすいというメリットもあります。
そして多くの薬に見受けられるような習慣性という長い期間、服用する度に起こる効果時間が短くなったりするような事も無いとされているので、無駄に量を増やして自分の体に無理な負担をかけずに服用することができます。
そうは言っても頭痛や火照りといったような多少の副作用がある時もあり、高血圧などの症状がある人にとっては服用に多少危険を伴うことも事実と言えます。
なので、自分が服用に適しているかどうかについては医師や薬剤師等の専門家の意見を取り入れるなどして服用するようにすれば非常にED治療に関して効果的であると言えます。

Comments are closed.