人間にとってのセックスの重要性とバリフというED治療薬について

私たち人間は後尾の事をセックスと呼びます。
多くの動物は交尾を数秒で終わらせる事が多い様ですが、人間はセックスに時間をかけますね。
もちろん、野生で暮らす動物は無防備な状態を少なくする為に、出来るだけ早く後尾を終わらせる必要があると言えるでしょう。
一方、生態系の頂点に立つ人間は、安全な環境で時間をかけてセックスをする事が出来ます。
しかし、人間がセックスに時間をかける理由はそれだけではないでしょう。

人間のセックスは種の保存以上の意味を持っています。
それはパートナーとのコミュニケーションです。
男女が肌を重ね合わせる事で、言葉以上のコミュニケーションをとる事が出来るのです。
さて、この様に人間にとって重要な意味を持つセックスですが、時には正常なセックスを妨げる事態が発生する事があります。
例えばEDも、正常なセックスを行うことを妨げる要因になります。

このED(勃起不全)に悩む男性は年々増加していると言われているのをご存知でしょうか。
EDは加齢に原因があるものの他に、ストレスや血行障害が原因となって発症する場合もあります。
特に若者の間で心因性のEDを発症する人が増えている様です。
もし、セックスが種の保存の為だけの行為なら、EDは大した問題とはならないでしょう。
なぜなら、現代において体外受精等の技術は非常に発達しているからです。
つまり、正常にセックスが行えなくても子孫は増やせるのです。
ですが先述の通り、人間の男女にとってセックスは重要な意味を持っていますので、EDは是非とも解消したいものだと言えるでしょう。
幸いにも現代人はED治療薬というものを開発しています。
1998年にバイアグラが登場して以来、ED治療薬の服用によって勃起不全の悩みは解消出来る様になっているのです。
ただ、日本においてはED治療薬は高額であると感じざるを得ません。
4錠入り1箱のバイアグラは6,000円するのです。
特に若い方が定期的に買うには高い値段だと言えるでしょう。
しかし、海外にはED治療薬のジェネリックが存在しています。

特にインド製のバイアグラ・ジェネリックはかなり以前から登場しています。
レビトラのジェネリックであるバリフもインドで製造されており、世界中のEDに悩む男性に愛用されています。
インドでは2005年の法改正以前は医薬品の成分特許が存在していなかった為に、この様なジェネリック医薬品が製造販売されているのです。
では、こうしたインド製ED治療薬の効果はどうなのかというと、新薬と同様に高い効果を持っていると言えます。
レビトラ・ジェネリックであるバリフを製造するアジャンタ・ファーマ社は大手製薬メーカーとして世界的なシェアを誇っています。
もし、バリフが効果の薄いものならば、既に市場から消えているでしょう。
しかし、バリフは日本の個人輸入代行業者でも人気が高く、支持率の高さが製品の品質を物語っています。
こうしたED治療薬のジェネリック版は非常に安価に購入出来ます。
例えばバリフは10錠入りで1,700円強で購入可能です。

お財布事情に心許ない若者でも、購入可能な金額と言えるでしょう。
EDを解消して人間にとって重要なセックスを取り戻すために、こうしたED治療薬のジェネリックは重要な存在なのです。

Comments are closed.