バリフは悩める男性への福音です

勃起不全や勃起障害を表すEDという言葉がお茶の間に定着したのは、1998年に発売され、世界中に歓喜をもたらしたバイアグラの登場が切欠でした。
バイアグラは日本でも異例のスピードで認可を受け、ブームという言葉を使うにふさわしい程、世間の知るところとなったわけです。
一方で、世の中にはEDに悩む男性がこんなにも多いのかと、改めて認識されたことも事実です。
EDは、主に加齢によって引き起こされる器質性の症状と、心因性の症状に大別されます。

中高年の域にさしかかり動脈硬化が起こってくると、血管の拡張が抑えられ、血流が促進されなくなります。
男性の勃起は、ペニスの中の海綿体に血液が流れ込むと膨張し硬化することで起こりますが、血液の流れがスムースでなくなると、勃起が充分でなくなったり、硬さが不十分ないわゆるフニャチンになってしまったり、持続力が無くなってしまったりという現象が現れます。
一方で、心因性によるものはストレスで、勃起そのものが起こらなくなってしまうこともあります。
性行為が上手くいかず女性に咎められたりすると、男性は深く傷つきショックがトラウマ化して、セックスが出来ない状態に陥ってしまうことがあるのです。
血管の問題である前者と、ストレス性起因の両症状の混合型EDに悩む男性も多いのです。
前者の場合は、治療薬の力を借りることで、回復することが可能です。
日本ではのD薬の扱いは、健康保険の適用外で自由診療になります。

すなわち、100%自己負担が必要です。
先発薬は効果で、一般の経済力ではなかなか続けられないとため息が出るほど高額な負担を強いられていました。
けれども、ジェネリック薬が登場してからは、1/5や1/10という求めやすい価格になり、多くの男性が服用できるようになったのです。
例えば、バリフというED治療薬があります。
バルデナフィルという成分を含有するレビトラのジェネリック薬品です。

その品質力で信頼感のあるAjantaPharma社が製造しています。
バルデナフィルは、男性器の勃起を阻害する酵素PDE-5の働きを抑える成分で、勃起そのものを助け、持続力を増大させます。
バイアグラやそのジェネリック薬はシルデナフィルという成分でEDを改善しますが、レビトラやバリフの成分は、より即効性があることで人気を呼んでいます。
また、食事やアルコールにも強く、服用後に食事をしたりお酒を飲んでも、効力に影響がでないという特性があります。
性行為に至る前のムード作りの邪魔をしない薬であることも、多くの男性が選択する基準になっています。
バリフは飲みやすい錠剤で、ジェネリックの醍醐味である安価な薬であり、一回の服用にかかるコストは、わずか二百数十円といいますから、EDに悩む男性にとって、大きな福音です。

バリフによって、多くの悩める男性が、妻や恋人との甘く官能的な夜の営みを取り戻し、毎日をイキイキと過ごせるようになったという報告が寄せられています。
EDに悩む人に是非教えてあげたくなる治療薬です。

Comments are closed.